物流加工事業の傾向

物流加工事業について

物流加工事業について 物流加工事業とは、ただ単に商品を倉庫に保管したり、トラックで運送するだけではなく、商品を検品したり商品を包装するなどの付加サービスを付随する事業のことをいいます。
通販業者などが物流加工事業のサービスを利用すると、業務効率化がアップしてコスト削減が図れます。
物流加工のサービスを利用することの大きなメリットは人件費の削減に繋がることです。販売する商品の検品や梱包作業を代行してもらえるため、倉庫で働く人員を大幅に削減することができます。
業務効率化にも大きく貢献し、注文を受けてからスムーズな発送が可能になります。貸倉庫を借りて作業員を募集することも不要になるため、開業資金を大幅に節減することにも繋がります。
物流加工サービスの主な内容としては、商品の検品や箱詰め作業、シーラー作業などがあります。
ギフトセットの詰合せなどのセットアップ加工を代行してくれる業者も存在し、面倒な発送作業のほとんどを代行してもらうことができます。
化粧箱の選定や化粧箱の印刷なども代行してもらえる場合があり、要望に応じて様々な業務を代行してもらえます。
これらの作業はプロの職員が行ってくれるため、顧客サービスの向上にも貢献します。

物流加工事業の傾向

物流加工事業の傾向 商品の品質が良くても、運送中に破損してしまったり、鮮度が重要な食品で、傷んでしまえば、顧客に悪いイメージを持たれる可能性があります。
販売側の梱包の原因によるケースもあり、運送会社が梱包作業を含めて運送を管理した方が、運送中の問題が軽減されるため、運送会社が物流加工事業をするようになってきています。
インターネットの普及により、店舗を持たずに商品を販売することができるネットショップが増えてきています。
しかし、店舗を持たなくても、商品を保管する場所として、倉庫が必要になることがあります。そのため、貸し倉庫の需要が増えてきています。
運送会社が貸し倉庫サービスを行うことで、倉庫を貸すだけでなく、物流加工が行われた倉庫を貸すことができます。
物流加工事業の傾向としては、多種多様な商品を適切に梱包して流通、保管などの管理体制が整っていることで、誰でも在庫の管理ができるようなサービスを提供できるようになりました。
一つの倉庫に複数の顧客の商品を管理できるので、商品の在庫が少なくなって、空きスペースが増えるような非効率性がなくなり、倉庫を保有するよりも、運送会社の貸し倉庫を借りた方が経費の節約になることもあります。

物流加工に関する情報リンク

全15拠点で物流のサポートを行う物流会社のサイト

市川 物流加工